2007年03月10日
五新線と賀名生梅林ポタ



今週は、KAおじさんの発案で賀名生梅林へ行ってきました。
参加者はMAおじさん、KAおじさんと私の3人と、遅れて参加 ( トンネルの真っ暗な中でしゃべった
けど、デジカメのフラッシュに浮かび上がった顔を一瞬見ただけ ) のNAおじさん。
天気は、予報に反して快晴、朝は冷え込みましたが、ちょうどいい気温で、絶好のポタリング日和で
した。

和歌山から自走してきた二人と桃山で合流し、紀ノ川南岸を五条まで、五条からは五新線跡を終点
の城戸までポタってきました。
恥ずかしながら、今回のKAおじさんの話を聞くまで、「賀名生」という地名も知らなかった賀名生梅林
に寄ったのですが、ちょうど満開、すばらしい景色でした。しかし、私たちが観たのは入口付近の
"口の千本"だけで、奥には"一目万本"、"見返り千本"、東雲千本"、"奥の千本"、"西の千本"、
"振返り千本"があり、広いです。
今日のコースは、この時期だけでなく、桜の時期も、紅葉の時期もgoodだと思います。

その後、橋本まで走る予定だったのですが、足の調子が悪く、一人で、一足早く五条から輪行で帰っ
てきました。MAおじさん・KAおじさんご迷惑をおかけしました、すみません。



<本日の走行距離 70km>

いつもの(とは言うものの久しぶりの)紀ノ川南岸を走り、
五条を目指します
五条で、本当の五新線に入ります
工事途中のままの高架橋 踏み切りになるはずだった
駅舎の代わりにバス停があります 時刻表です 1日5便ですね
鉄道用だけあってなだらかな登りです いくつかトンネルがありましたが、照明がなく真っ暗
一人だとちょこっと怖いです
五新線沿いの梅畑で、いつもの豪華ランチ
立っている枕木が鉄道の面影を残しています 賀名生梅林地図 かなり広いです
道沿いの枝垂れ梅 これは綺麗でした 道沿いの紅梅 これも綺麗でした
腰の入った撮影活動 五新線の高架下を国道168号線が通っています
天気も良く、景色もよく、ご機嫌なおじさん 五新線の工事区間終了
賀名生梅林 山の裏側にまで続いているようです 山の斜面一面が梅・梅・梅 圧巻です
賀名生の皇居 後醍醐天皇が吉野に入られる前、一時、ここを皇居と
されたようです 今は(昔から?)一般の民家です
茅葺の母屋(皇居は母屋と呼ばへんやろな?) ゆっくりこられたNAおじさん
真っ暗なトンネルの中で合流(?)
足の不調のため、二人と別れて五条駅から輪行で
帰ります
今日、初めて使ったDAHONのスリップカバー




<今日のルート>





Top Page へ / 自転車のTop Page へ

inserted by FC2 system